>
>
ポリスチレン合金の研究

ポリスチレン合金の研究

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2020-10-12 11:16
  • PV:

【概要の説明】共混物改質技術による高分子材料の性能改善は現在の高分子発展の重要な方向である。PSは硬い、脆い、耐熱性が悪い、環境に耐える応力が割れ、燃えやすいなどの欠点がある。ポリマー合金化により,2種類から多くのポリマー材料の一点集中を合金にできる。

ポリスチレン合金の研究

【概要の説明】共混物改質技術による高分子材料の性能改善は現在の高分子発展の重要な方向である。PSは硬い、脆い、耐熱性が悪い、環境に耐える応力が割れ、燃えやすいなどの欠点がある。ポリマー合金化により,2種類から多くのポリマー材料の一点集中を合金にできる。

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2020-10-12 11:16
  • PV:
詳細

共混物改質技術による高分子材料の性能改善は現在の高分子発展の重要な方向である。PSは硬い、脆い、耐熱性が悪い、環境に耐える応力が割れ、燃えやすいなどの欠点がある。ポリマー合金化により,2種類から多くのポリマー材料の一点集中を合金にできる。

熱力学の法則から大多数のポリマーは相容しないが,ごく一部は完全相容と部分相容である。後の2種類のシステムは相容剤を添加しなければならない。PPO/PS合金系は完全相容系であり,両者とも非結晶ポリマーであり,任意の割合で混在できる。PSは内増塑性を起こし、PPOの流動性を改善する。PSとPO合金系は不相容系であるが、両者の比率の差が大きく、ある性能を高める時相容剤を加えることができない。よく使われる相容剤はSEBS、SBSなどがある。

PCはPSと混融し、PC/PS合金を製造でき、PCの加工性能を改善できる。PCとPSは一部互換体系である。反応性ポリスチレンは相容剤として物性を高める。この相容剤はPA/PSの合金調製にも応用できる。

キーワード:

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

这是描述信息

Leave us a message

Shut down
メッセージのアプリケーション名:
顧客メッセージ
説明:
認証コード

Copyright © 2021 COACE Chemical Company Limited -闽ICP备19009376号-1  Powered by www.300.cn