>
>
PPSの概要とそのアロイ

PPSの概要とそのアロイ

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2020-07-20 11:15
  • PV:

【概要の説明】PPSの中国語名はポリフェニルサルファイドである。硬くて脆い、結晶度が高い、難燃性、熱安定性が良い、機械的強度が高い、電気性能が良いなどの長所があり、化学腐食に強いなどの特徴がある。

PPSの概要とそのアロイ

【概要の説明】PPSの中国語名はポリフェニルサルファイドである。硬くて脆い、結晶度が高い、難燃性、熱安定性が良い、機械的強度が高い、電気性能が良いなどの長所があり、化学腐食に強いなどの特徴がある。

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2020-07-20 11:15
  • PV:
詳細

PPSの中国語名はポリフェニルサルファイドである。硬くて脆い、結晶度が高い、難燃性、熱安定性が良い、機械的強度が高い、電気性能が良いなどの長所があり、化学腐食に強いなどの特徴がある。製造方法の違いにより,PPSは架橋型と直鎖型に分けられる。PPSはエンジニアプラスチックの中で耐熱性が最も良い品種の一つであり、ガラス繊維で改質した材料の熱変形温度は一般的に260度より大きく、化学耐性はテフロンに次ぐ。また,成形収縮率が小さく,吸水率が低く,防火性に優れている。耐振動疲労性が良く,耐アーク性が強いなどの利点があり,特に高温高湿の環境において依然として優れた電気絶縁性を有している。しかし、その欠点は脆性が大きく、靭性が弱く、耐沖撃強度が低いことである。改質を行うことで、上述の欠点をなくし、非常に優れた総合性能を得ることができる。

合金PA/PPSは優れた力学性能、耐候性と可塑性を有し、包装材料、容器、管及び付属品などの製造に応用できる。電子顕微鏡観察では,この合金ではPPSが連続相,PAが分散相であることが示された。

PBT樹脂はPPSと混合することで、PPSの優れた性能を保持でき、また、靭性向上を実現することができる。しかし、PBTとPPSは相容せず、混合した後、それぞれが結晶化した。PBTの添加はPPSの粘度を大きく上昇させ、PBTの含有量が大きいほど粘度が大きくなり、加工性能が悪くなる。PBT成分の減少に伴い,PBT結晶の完全性が影響を受ける。PBT/PPS =80/20ではPBTは連続相,PPSは分散相である。SEM観察では,PBTとPPSは明らかに分離しており,明瞭な界面を有していた。

未来の仕事について、ppsアロイにおけるポリマーの相溶性の研究を重点としたいと思う。例えば、優れた総合性能とある特殊性能を持つ、かつ低コストのpps合金材料や製品を開発する。

キーワード:

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

这是描述信息

Leave us a message

Shut down
メッセージのアプリケーション名:
顧客メッセージ
説明:
認証コード

Copyright © 2021 COACE Chemical Company Limited -闽ICP备19009376号-1  Powered by www.300.cn