>
>
シリコーンマスターバッチの耐スクラッチ性の研究

シリコーンマスターバッチの耐スクラッチ性の研究

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2020-06-08 11:15
  • PV:

【概要の説明】プラスチック改質材料の適用拡大に伴い、プラスチック部品の各種特性に対する要求が高まっており、特に使用頻度の高い場面では、プラスチック製品の表面に高い耐スクラッチ性が要求されています。

シリコーンマスターバッチの耐スクラッチ性の研究

【概要の説明】プラスチック改質材料の適用拡大に伴い、プラスチック部品の各種特性に対する要求が高まっており、特に使用頻度の高い場面では、プラスチック製品の表面に高い耐スクラッチ性が要求されています。

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2020-06-08 11:15
  • PV:
詳細

プラスチック改質材料の適用拡大に伴い、プラスチック部品の各種特性に対する要求が高まっており、特に使用頻度の高い場面では、プラスチック製品の表面に高い耐スクラッチ性が要求されています。そのため、プラスチック表面への摩擦防止材料の使用に関する研究が注目されており、その優れた特性からシリコーン材料が注目されています。現在、輸入品を含む一般的なシリコーンマスターバッチは、混合時にスクリューが滑る可能性があり、充填剤の分散に良くないです。一般的なシリコーンマスターバッチは、保管時に、シリコン特有の低い表面張力がプラスチックの表面に移っていく傾向があります。いくつかの輸入のシリコン製品では、表面張力が移っていく速度を下げるため、モル質量を大きくするしかありません。しかしシリコンの表面张力が22と、炭素化合物よりもずっと低いため、表面張力の移転が常に発生します。つまり、耐摩耗性は表面に留まっているだけで、長く持続できません。一方、炭素鎖端部を持つシリコーン材料を添加したら、張力がプラスチックの表面に移らないし、材料の表面に霧を発生させることなく、長期間保管することができます。

キーワード:

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

这是描述信息

Leave us a message

Shut down
メッセージのアプリケーション名:
顧客メッセージ
説明:
認証コード

Copyright © 2021 COACE Chemical Company Limited -闽ICP备19009376号-1  Powered by www.300.cn