>
>
ポリマー製品の臭気発生源及び抑制対策

ポリマー製品の臭気発生源及び抑制対策

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2019-09-26 11:15
  • PV:

【概要の説明】現在、材料として使用されている多くの高分子化合物は、石炭、石油や天然ガスなどから低分子有機化合物を合成して、低分子化合物が結合を繰り返して生成したものです。製造プロセスと使用面では、臭気の問題がある程度出るので、ポリマー製品の安全性と適用性に大きく影響を与えている。特に健康面では、臭気抑制のポリマー製品がますます重要になっています。

ポリマー製品の臭気発生源及び抑制対策

【概要の説明】現在、材料として使用されている多くの高分子化合物は、石炭、石油や天然ガスなどから低分子有機化合物を合成して、低分子化合物が結合を繰り返して生成したものです。製造プロセスと使用面では、臭気の問題がある程度出るので、ポリマー製品の安全性と適用性に大きく影響を与えている。特に健康面では、臭気抑制のポリマー製品がますます重要になっています。

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2019-09-26 11:15
  • PV:
詳細

ポリマー製品の臭気発生源

現在、材料として使用されている多くの高分子化合物は、石炭、石油や天然ガスなどから低分子有機化合物を合成して、低分子化合物が結合を繰り返して生成したものです。製造プロセスと使用面では、臭気の問題がある程度出るので、ポリマー製品の安全性と適用性に大きく影響を与えている。特に健康面では、臭気抑制のポリマー製品がますます重要になっています。

研究によると、ポリマーの臭気発生源が主に合成材料の揮発性物質、残留触媒、および製造プロセスで分解された小分子です。ポリマーを合成するとき、残留モノマーとその溶媒は効果的に除去されませんでした。浄化装置では臭いを完全に取り除くことはできません。

輸送、保管、加工中に、ポリマーは光、酸素、高温と接触すると複雑な分解反応を起こします。光分解、酸化分解、融解およびせん断分解は、すべて臭気に影響を及ぼします。

製品の配合設計では、特定の機能を付与するために、特定の添加剤または補助材料を添加します。これらの添加剤は、ある程度製品に様々な影響を与えており、時にはポリマー自体の臭いさえも超えます。


ポリマー製品の臭気抑制対策

揮発分除去装置を使用することで、揮発性成分を減らして、臭気を抑制できます。現在、揮発分除去装置には主にフラッシュ式、薄膜蒸発式(液中液膜式、遠心液膜式、攪拌液膜式)、液柱(滴下)式、表面更新式、ベント式押出機があります。

製造プロセスにおいて、できる限り熱安定性、化学的安定性と相溶性が良い、低揮発性しかも加工中に沈殿しないような添加剤と補助材料を選択することが重要です。

なお、配合設計では吸着を試みることができます。吸着剤は、その他の材料と溶解混練する中、小分子を吸着するので、臭気の低減に役立てます。吸着には、物理​​吸着と化学吸着の2パターンがあります。

臭気の問題は様々な要因によるものです。発生要因に特化して臭気抑制の対策を講じることが重要です。

キーワード:

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

这是描述信息

Leave us a message

Shut down
メッセージのアプリケーション名:
顧客メッセージ
説明:
認証コード

Copyright © 2021 COACE Chemical Company Limited -闽ICP备19009376号-1  Powered by www.300.cn