>
>
木材・プラスチック複合材

木材・プラスチック複合材

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2020-01-13 11:00
  • PV:

【概要の説明】木材・プラスチック複合材料は、木材(リグノセルロース)とプラスチックを原料とする複合材料です。この論文は、木材の表面の特性を切口に、木材とプラスチックの複合界面の形成プロセスを研究し、木材・プラスチック複合材の特性に影響を与える主な要因を研究し、高性能の木材・プラスチック複合材の開発に向けて理論的および技術的基礎を提供します。木材とプラスチックの複合材の界面の特性、形成プロセスとメカニズム、および

木材・プラスチック複合材

【概要の説明】木材・プラスチック複合材料は、木材(リグノセルロース)とプラスチックを原料とする複合材料です。この論文は、木材の表面の特性を切口に、木材とプラスチックの複合界面の形成プロセスを研究し、木材・プラスチック複合材の特性に影響を与える主な要因を研究し、高性能の木材・プラスチック複合材の開発に向けて理論的および技術的基礎を提供します。木材とプラスチックの複合材の界面の特性、形成プロセスとメカニズム、および

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2020-01-13 11:00
  • PV:
詳細

木材・プラスチック複合材料は、木材(リグノセルロース)とプラスチックを原料とする複合材料です。この論文は、木材の表面の特性を切口に、木材とプラスチックの複合界面の形成プロセスを研究し、木材・プラスチック複合材の特性に影響を与える主な要因を研究し、高性能の木材・プラスチック複合材の開発に向けて理論的および技術的基礎を提供します。木材とプラスチックの複合材の界面の特性、形成プロセスとメカニズム、および木材・プラスチック複合材に影響するさまざまな要因を分析しました。

複合材料の機械的特性に影響を与える要因には、表面自由エネルギー、表面極性、および表面化学官能基が含まれます。表面自由エネルギーと表面極性の変化は、木材表面の官能基の変化の熱力学的現れです。強い極性の木材表面のヒドロキシル基は、さまざまな条件下で結合状態と量を変化させ、木材表面の自由エネルギーと極性の変化をもたらします。

プラスチックの物理的特性と表面特性は、木材・プラスチック複合材に重要な影響を及ぼします。 2つの表面極性が近いほど、相溶性が向上します。 木材・プラスチック複合材の界面の形成と強度は、次の条件と対策によって決まります木材の全表面自由エネルギーと非極性表面自由エネルギーは、プラスチックが木材表面を濡らして浸透できるように、プラスチックの表面自由エネルギーよりも高い必要があります。木材の表面粗さを適切に増加させたり、木材表面の小分子物質を排除したりすることで、木材・プラスチックの結合が弱い部分を減らすことができます。木材とプラスチックの表面を改質することで、木材とプラスチック分子の相互吸着と融合を強化することができます。

近年、木質プラスチック複合材料の研究は、理論的および実用的に急速な進歩を遂げています。プラスチック材料の使用量と廃棄量の増加は環境に大きい負担をかけることになっています。木材・プラスチック複合材料は廃棄物をリサイクルする効果的な方法として環境保護の分野で重要な役割を果たしています。

キーワード:

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

这是描述信息

Leave us a message

Shut down
メッセージのアプリケーション名:
顧客メッセージ
説明:
認証コード

Copyright © 2021 COACE Chemical Company Limited -闽ICP备19009376号-1  Powered by www.300.cn