>
>
ポリプロピレンの変性についての研究

ポリプロピレンの変性についての研究

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2020-01-06 11:00
  • PV:

【概要の説明】物理的および機械的方法を使用して無機や有機物質を高分子ポリマーに添加したり、化学的方法を使用して高分子ポリマーの共重合、グラフト化、架橋やブロック化を行ったり、または上記方法の組み合わせによって、材料のコスト削減、成形加工性または最終用途の性能改善を実現すること、材料の表面、電気、磁気、光、熱、音、燃焼などの面で特別な機能を持たせること、これらのことをポリマー改質と呼びます。

ポリプロピレンの変性についての研究

【概要の説明】物理的および機械的方法を使用して無機や有機物質を高分子ポリマーに添加したり、化学的方法を使用して高分子ポリマーの共重合、グラフト化、架橋やブロック化を行ったり、または上記方法の組み合わせによって、材料のコスト削減、成形加工性または最終用途の性能改善を実現すること、材料の表面、電気、磁気、光、熱、音、燃焼などの面で特別な機能を持たせること、これらのことをポリマー改質と呼びます。

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2020-01-06 11:00
  • PV:
詳細

物理的および機械的方法を使用して無機や有機物質を高分子ポリマーに添加したり、化学的方法を使用して高分子ポリマーの共重合、グラフト化、架橋やブロック化を行ったり、または上記方法の組み合わせによって、材料のコスト削減、成形加工性または最終用途の性能改善を実現すること、材料の表面、電気、磁気、光、熱、音、燃焼などの面で特別な機能を持たせること、これらのことをポリマー改質と呼びます。

ポリプロピレンは非常に包括的な特性を持つ熱可塑性汎用プラスチックです。加工が簡単で、密度が低く、生産コストが低いという特徴があります。そのため、ポリプロピレンは家庭用電化製品、日用品の包装資材、および自動車産業で広く使用されています。近年使用量が最も急速に伸びているプラ​​スチックの1つとなりました。ただし、ポリプロピレンには、耐クリープ性が低い、融点が低い、寸法安定性が低い、熱変形温度が低い、低温脆性などの欠点もあり、エンジニアリング材料としての用途が制限されています。

ガラス繊維強化ポリプロピレンは、材料の使用範囲を広げることができます。ガラス繊維は耐高温の材料であるため、材料の耐熱性を向上することができます。同時に、ガラス繊維はプラスチックの強度と衝撃特性を改善できる高強度の材料です。

ガラス繊維の表面は、界面結合性を高めるためにシランカップリング剤でコーティングされています。実際の作業において、ガラス繊維強化ポリプロピレン複合材料の界面結合性は、相溶化剤として無水マレイン酸グラフトポリプロピレンを使用することにより改善され、それにより複合材料の機械的特性が改善されました。MFRが高い無水マレイン酸変性ポリプロピレンを適切に添加することによって、ポリプロピレンの流動性が大幅に向上し、ガラス繊維に完全に含浸できます。同時に、複合材料の界面結合性が良くなります。これらの効果により、外観が良好で性能が優れたガラス繊維強化ポリプロピレン材料を製造できます。無水マレイン酸のグラフト率が高いほど、反応性が強くなり、複合材料の界面に対する相溶化効果が向上します。

キーワード:

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

这是描述信息

Leave us a message

Shut down
メッセージのアプリケーション名:
顧客メッセージ
説明:
認証コード

Copyright © 2021 COACE Chemical Company Limited -闽ICP备19009376号-1  Powered by www.300.cn