>
>
MAHグラフト化ポリマーがナイロンの衝撃強度に及ぼす影響

MAHグラフト化ポリマーがナイロンの衝撃強度に及ぼす影響

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2019-07-11 19:34
  • PV:

【概要の説明】ナイロン改質の一つとして、ナイロンの靭性を向上することが取り上げられます。靭性の向上のため、加工が簡単でコストが低い一般的な方法はエラストマーを添加することです。

MAHグラフト化ポリマーがナイロンの衝撃強度に及ぼす影響

【概要の説明】ナイロン改質の一つとして、ナイロンの靭性を向上することが取り上げられます。靭性の向上のため、加工が簡単でコストが低い一般的な方法はエラストマーを添加することです。

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2019-07-11 19:34
  • PV:
詳細

ナイロン改質の一つとして、ナイロンの靭性を向上することが取り上げられます。靭性の向上のため、加工が簡単でコストが低い一般的な方法はエラストマーを添加することです。

強靭化の目的:破壊過程で外部のエネルギーをより多く吸収するためです。物性は特定の条件によって決定されます。ポリマーの脆性変化に関連する要因には形態、温度、変形速度、マトリックスおよび分散相、界面粘度などが含まれます。 中には、粒子のサイズ・形状・分散度が形態に影響を与えます。粒子の間隔が臨界粒子の間隔より小さい場合、靭性破壊になります。逆の場合、脆性破壊になります。脆性と靭性が移り変わる温度は、ナイロンの靭性を向上する改質において指針となる役割を果たします。臨界温度が脆性と靭性が移り変わる温度より大きい場合、靭性破壊になります。逆の場合、脆性破壊になります。エラストマーで靭性強化された熱可塑性ポリマーの弾性率は、基材の弾性率の1/10以下にしなければなりません。そうしないと、靭性強化の効果が出ません。

界面強度が異なるナイロン66 /ゴムブレンドの脆性-靭性の転移研究により、界面結合強度よりも、システムの界面分子間のファンデルワールス相互作用のほうが重要であることがわかります。脆性と靭性が移り変わる一番の決め手は粒子の間隔です。相溶性の向上により、エラストマーで強化されたナイロンの脆性と靭性がどう変化するのか。これは主にマトリックス中の分散相の表面張力が低下し、エラストマーの分散がしやすくなることに現れます。分散相のサイズの縮小は、粒子間隔が小さくなることを意味します。

キーワード:

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

这是描述信息

Leave us a message

Shut down
メッセージのアプリケーション名:
顧客メッセージ
説明:
認証コード

Copyright © 2021 COACE Chemical Company Limited -闽ICP备19009376号-1  Powered by www.300.cn