>
>
ナイロンの分子量の影響

ナイロンの分子量の影響

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2019-07-25 10:36
  • PV:

【概要の説明】ナイロンの靭性向上に関しては、ほとんどの研究は靭性を向上できるエラストマーに集中していますが、マトリックスとしてのナイロンの研究は非常に少ないです。実際の製造プロセスでは、粘度が異なるナイロンは、同じ配合と同じ製造プロセスで製造されたとしても、衝撃特性に一定の違いがあることがわかりました。高粘度および低粘度の衝撃特性は、中粘度よりも優れています。そのため、ベース材であるナイロンに対する研究が必要です。

ナイロンの分子量の影響

【概要の説明】ナイロンの靭性向上に関しては、ほとんどの研究は靭性を向上できるエラストマーに集中していますが、マトリックスとしてのナイロンの研究は非常に少ないです。実際の製造プロセスでは、粘度が異なるナイロンは、同じ配合と同じ製造プロセスで製造されたとしても、衝撃特性に一定の違いがあることがわかりました。高粘度および低粘度の衝撃特性は、中粘度よりも優れています。そのため、ベース材であるナイロンに対する研究が必要です。

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2019-07-25 10:36
  • PV:
詳細

ナイロンの靭性向上に関しては、ほとんどの研究は靭性を向上できるエラストマーに集中していますが、マトリックスとしてのナイロンの研究は非常に少ないです。実際の製造プロセスでは、粘度が異なるナイロンは、同じ配合と同じ製造プロセスで製造されたとしても、衝撃特性に一定の違いがあることがわかりました。高粘度および低粘度の衝撃特性は、中粘度よりも優れています。そのため、ベース材であるナイロンに対する研究が必要です。

ポリマーは、脆性と靭性の相互変化(BDT)を直接引き起こし、材料の最終特性に影響を与えます。研究によると、高粘度ナイロンには、BDTの発生による温度の低下が発生するとのことがわかります。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

这是描述信息

Leave us a message

Shut down
メッセージのアプリケーション名:
顧客メッセージ
説明:
認証コード

Copyright © 2021 COACE Chemical Company Limited -闽ICP备19009376号-1  Powered by www.300.cn