>
>
ポリマータイプの相溶化剤とグラフトタイプの相溶化剤

ポリマータイプの相溶化剤とグラフトタイプの相溶化剤

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2019-09-17 16:35
  • PV:

【概要の説明】ポリマータイプの相溶化剤の特徴は以下の通りです。 構造が変更しやすいこと。 構造への影響要素が少ないこと。 適用範囲が大きいこと。 合成方法が複雑なこと。 高コストと高価格。

ポリマータイプの相溶化剤とグラフトタイプの相溶化剤

【概要の説明】ポリマータイプの相溶化剤の特徴は以下の通りです。
構造が変更しやすいこと。
構造への影響要素が少ないこと。
適用範囲が大きいこと。
合成方法が複雑なこと。
高コストと高価格。

  • カテゴリ:研究開発
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2019-09-17 16:35
  • PV:
詳細

ポリマータイプの相溶化剤の特徴は以下の通りです。

構造が変更しやすいこと。

構造への影響要素が少ないこと。

適用範囲が大きいこと。

合成方法が複雑なこと。

高コストと高価格。

グラフトタイプの相溶化剤の特徴は以下の通りです。

構造への影響要素が多いこと(ベースポリマーの重合度、主鎖の長さ、グラフト鎖の長さ、主鎖上におけるグラフト鎖の位置など)。

適用範囲が狭いこと。

グラフトプロセスが簡単なこと。

高性能で低コスト。

      PTW AX8900は、GMA含有量が高くて、熱安定性が良好なエチレン-アクリレート-グリシジルメタクリレートターポリマー(ポリマータイプの相溶化剤)です。それは、フィルム接着剤、ポリエステル強化剤および相溶化剤として使用されます。グラフトタイプの相溶化剤は、GMA含有量が低く、活性が高く、通常、ポリエステル耐衝撃性改良剤および相溶化剤として使用されます。

      PTW AX8900は、特に透明性を必要とする製品の場合、例えばフィルム接着ホットメルトにはぴったりです。しかし、ポリエステル変性にはほとんど利点がなく、流動性にも影響を与えます。一方、グラフトタイプの相溶化剤は、反応部位での立体障害が少なくて、活性が高いこともあって、ポリマータイプの相溶化剤の代替として、ポリエステル変性に使用できます。将来の開発方向は、用途拡大や性能向上に向けて、グラフト率、グラフトモノマーの分布や影響などを考慮しながら継続的に改善していくことです。

キーワード:

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

这是描述信息

Leave us a message

Shut down
メッセージのアプリケーション名:
顧客メッセージ
説明:
認証コード

Copyright © 2021 COACE Chemical Company Limited -闽ICP备19009376号-1  Powered by www.300.cn